Mallory'S Soliloquy

CarpとSoftball時々HRCなマロリーのSoliloquy

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Near but Far China 3

9月20日
目覚ましアラームより早く起き時間は4時。
まだ真っ暗なのでNHKをしばしみながらぼーっとする。
外はが降ってました。
持参したインスタントの味噌汁と晩飯で出されたが食べなかったパンをかじる。
観光てゆーか滞在は今日1日だけな北京。シャワーを浴び行動開始です。

小雨になったので出発
まず最初に行きたかった場所、天壇公園へ。

初めて手に入れた北京のピンはこれ。
1075pagoda.jpg
当然万里の長城は知っているがこの渦巻きのような建物は何だー?ピンカタログにはPAGODAと書いてあるが意味不明でした。(東洋の塔だとさ
そんな疑問を持っていたが詳しくは調べなかった。
最近わかったのだがこれは祈念殿というもの。(意味やなんかは勝手に調べてね)
ピンもたくさん出ていますね。
34358pagoda.jpg
46355pagoda.jpg

地下鉄を乗り換え到着。
公園では太極拳?体操?トランプをする老人たちがたくさんいました。
かなり広い公園です。
施設へ入れるのは8時以降。祈念殿もまだ外からしか見えません。
しかしすごくでかいです。装飾が仙台の瑞鳳殿…に似ています。
F1000065.jpg
F1000067.jpg

今日一番の目的は万里の長城。列車で行くつもりで時刻表も調べてあります。
しかし07:26発にはちと厳しい時間になってしまったので天安門へ行ってみることに。

地下鉄の出口を上がるとすぐに天安門はみえました。
F1000070.jpg F1000068.jpg

もちろんピンそっくり
46354ten.jpg

通りの向こう側には天安門広場があります。(広いー、でかいー
F1000069.jpg

それを挟むかのようにある人民大会堂や中国国家博物館もかなりの大きさですね。

開発パワーは官民一体となり日本より全然すごいですな。

この天安門が有名だけど“門”が付く場所がたくさん北京にはありますね。
毛沢東さん、はじめましてm(_)m
F1000076.jpg

門をくぐらせていただきます。

天安門を裏からみると・・・
F1000071.jpg

するとまた“前門”と書いた門が見えてきました。
F1000072.jpg

前門の先は故宮博物院となっております。
F1000073.jpg

時間は八時過ぎ。オープンまでは30分弱。
万里の長城から戻って行こうと考えていたが先に行くことにします。(入場料60元)
時間となりチケット購入して中へ。取り急ぎ駆け足で奥へ進む。
F1000074.jpg
F1000075.jpg

階段の上り下りで早くも膝に違和感が・・・
効かねーじゃん。サプリメント・・・
1263965254_123.jpg

特段感動も無く一番奥まで辿り着きました。
そのままトンボ返り

天安門前は大混雑
F1000077.jpg

時刻は九時半。
11時の列車まではまだ時間があるので隣の駅にある王府井へ
F1000084.jpg

大通りから左手の王府井小吃街へ足を踏み入れると食べ物からお土産屋まで色々あります。
F1000083.jpg

F1000081.jpg
(ぱりぴんが好きな仏像群もたくさんありました。誰が買うねん♪)

小腹が空いたので何か串ものでも食べようと覗いてみるものの・・・

やっぱり虫系は無理
F1000079.jpg
F1000080.jpg
(腎臓に良いとされる竜の落とし子は興味があった)

賑わってそうな店に入り牛の入った辛麺を注文。(12元)
F1000082.jpg
汗がダラダラ出ますが美味かった♪
ショウロンポウもつまみました。
F1000087.jpg

コーラは漢字で書かれています。
F1000085.jpg

土産物やビール買ったりしていたら、もう11時の列車にも間に合わない時間に・・・
荷物も増えたのでホテルに一旦戻り1時の列車にすぐ向おう(いつ行けるのかね、まったく・・・)

地下鉄乗り継ぎ(結構遠い・・・)西直門駅で降り、すぐ北側にある北京北駅へ急ぐ。
F1000088.jpg
発車まで残り10分。

今度は窓口が大混雑(計算外)
とても10分じゃ買えそうにありません・・・

セキュリティのところで「列車の中で切符買うから入れてくれ」とお願いするも

地下鉄でひとつ先の積水澤駅近くの徳勝門から遊バスが出ているようで悩む。・。・。・
しかしせっかくなので列車に乗りたい。1時間半待つことにしました。

窓口のおあばちゃんが言ってる言葉はまったくわかりません。
何とか無事に八達嶺行きの切符は買えました。

日記書いたりして時間をつぶしようやくプラットホームに入れてもらいました。
F1000089.jpg

列車の名前は和諧長城号
F1000090.jpg

真ん中の食堂車をはさみ1・2等各3両編成です。
ふんぱつして1等(17元)にしましたが自分の乗っている車両には欧米人2・中国人1・日本人1の4人だけ。(2等(14元)もガラガラみたい)

滑るよう静かに出発します。
市内を抜け山道に入るとゴツゴツした岩山が広がります。
F1000091.jpg

左手の上の方に城壁が見えてきました。
F1000092.jpg
F1000093.jpg

でも八達嶺まではもう少しあるようです。
青龍橋駅でスイッチバックしてほどなく八達嶺駅に到着。
F1000094.jpg

帰りの19:40発の最終列車の切符を先に買おうかと思ったがやめた。

とりあえず城壁を目指します。
左手に明時代のお偉いさん
F1000095.jpg

万里の長城へはを最初ツアーを探したが日本申込みだと最低15000円でした。
入場料入れても自分で行けば10分の1以下なのね。ボッタクリ

さて、チラチラ見えていた長城ですが全貌が明らかになるとすごいですね。。。
F1000096.jpg

さぁ膝が持ちますように・・・

チケット45元で購入し、いざ中へ・
早速左手の男坂と右手の女坂に分かれます。

さて右へ行こう(根性なし)
北第一楼から進んで行きます。
F1000097.jpg
F1000098.jpg
F1000099.jpg

第三楼までは大したことないけど第四楼へはかなりの急勾配。
F1000100.jpg

手すり持たないと登れません。。。
F1000102.jpg

第四楼(標高858m)まで無事到着。
F1000103.jpg
F1000104.jpg

夕方迫ってるからかこれから先へ行っている人は殆どいませんでした。(ここまでが普通の人?)
はるか上の第八楼までは行かないことに・・・

膝は大丈夫なんだがもう充分に堪能したので男坂はやめときます。

あー楽しかった(もう次はないかなー)
46353great.jpg

時間は18時過ぎ。列車の時間までまだまだあるし、待ってたら21時になるので191番のバスで北京に戻ることにします(12元)
F1000105.jpg

20時前には徳勝門のバスターミナル?に到着(しかしすごいバスの数。そして人。ここは迷子になりますよ。)
積水澤駅までてくてく歩き、地下鉄1・2号と乗り継ぎ北京ダックが美味いらしい店へ。
目星を付けていた店が見つからず近くにあった店で肉丼を食べたが不味くて不味くて・・・


さて、9時半を過ぎ10号線の最終まであまり時間がありません。(タクシー乗らない人)
カフェへ急がねばなりません・・・
今日は一日歩きっぱなしで疲れました・・・(この日の携帯万歩計は45268歩)

ロックショップに行くとセシリアの姿はありませんでしたが、昨日トレードしたスタッフが呼んできてくれました。
どうやら食事休憩中だったようです。
15周年アニバを1本購入し任務完了。

レストランに寄っていかないの?と言われるがビールは冷蔵庫に冷やしてきたしお腹もいっぱい。最終電車も気になるので帰ると告げるが
「ドリンクおごるから寄っていってよ(ただしビールはだめよ)」と誘われたので少しだけ・・・
F1000058.jpg

食事中のセシリアとテーブルでたわいもない会話をする。
(今年休暇で日本に行き上野店の○○ちゃん、横浜店の○○ちゃんと知り合いになったとか、香港のボスが今新店舗の場所探しをしているとか)

出されたコーラを飲み干し握手でサヨナラ。
またどこかで会いましょう
F1000057.jpg

地下鉄間に合いホテルまで戻ることが出来ました。
*北京では地下鉄に荷物もっていく場合、必ずX線検査を受けないといけません。
また飲み物を持っていると無害なものかその場で試飲させられます

北京最後のミッションはスタバに寄ってマグを買うこと。
こちらも閉店間際間に合いました。

ビールを2本飲んでそろそろ就寝。
1・5日滞在の北京もこれで終わりです
  1. 2009/09/30(水) 14:11:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Near but Far China 4 | ホーム | Near but Far China 2>>

コメント

無事帰国おめでとう

エアメイルありがとうございました。

共産党60周年記念式典を控える北京は厳戒態勢で、ホテルから写真を撮っていた日本人記者が公安警察から暴行を受けた事件が報道されてましたが、天安門広場で警察官の写真撮っても大丈夫でしたか?

あのサザエに似たピンは天壇という建築物だったのですね、でも

北京へ行ったらまずは盧溝橋の抗日記念館に日の丸を掲げて入館してほしかった!

八達嶺長城は観光地化されていて歩きやすくなっているとのこと、次は膝を強化してスマップの草なぎ君と香取君が二人三脚で走破したあたりに挑戦してください。

そろそろ「HRCの歩き方」が書けそうですね。
このブログをどこかの出版社の人が見たら話があるかも知れませんよ。
楽しみですなぁ。。



  1. 2009/10/04(日) 01:04:20 |
  2. URL |
  3. そこのアナタ #F.53HKe2
  4. [ 編集]

到着した日の昼間は天安門駅で下車できなかったようです。(リハーサル?で)

その日はカフェしか行ってないので問題なし
翌日も警備は普通でしたよ。

盧溝橋の抗日記念館は次回の楽しみにしています。(笑)

僕はまりんと違って100店舗とか狙ってませんから♪
  1. 2009/10/07(水) 11:16:13 |
  2. URL |
  3. mallory #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mallorysquare.blog15.fc2.com/tb.php/510-464d7063

mallory

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search