Mallory'S Soliloquy

CarpとSoftball時々HRCなマロリーのSoliloquy

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GO WEST 4

長い移動の疲れからか朝までぐっすり眠れた
さすがムンバイ。外に干した洗濯物も完璧に乾いている

陽が昇りホテル向かいのバックベイに沿って通っているマリーンドライブへ出てみる。
名前は格好良く、地元の人々が夕暮れたたずみにくる場所だと聞いていたが、いやいやどうして”う○こ”が地雷原のようにたくさん。。。
DSC02109111.jpg

東のチャーチゲート駅まで歩いてみる。
駅は人がたくさんいるが暗い雰囲気。DSC02116111.jpg


構内には犬がうようよしてる
どれが狂犬病かわからんのでなるだけ近づかないようにする。噛まれたらタマリマセン
DSC02110111.jpg


列車は改札も特になくホームをウロウロしてみる。
列車は・・・汚いDSC02118111.jpg

DSC02117111.jpg


インドの鉄道網羅はすごいらしいが、こんなので何十時間も乗れない・・・
DSC02119111.jpg


バス乗り場のバスは・・・
やはり汚いDSC02114111.jpg

バンコクのノンエアコンバスをもっと汚くした感じ。
路線図も持たないし、、、乗れません。

駅からさらに東へ進むとシティギターにもなっている”フローラの泉”があります。
結構良くできています
DSC02111111.jpg


mumflora.jpg


公園のあちらこちらでクリケットをしてました
DSC02115111.jpg


”一回打たせて”といえばよかったかな

ムンバイ大学のところにある時計台。
DSC02113111.jpg


街はヨーロッパの古き町並みのような場所もたくさんあります。


ヒンズー教徒なのだからかタバコを吸ってる人を殆ど見かけません。
これだけ街は汚いし、禁煙じゃないと思うが。。。

駅の構内で朝飯を物色
やっぱり下痢とかなるんかなぁ・・・
ひとつのスタンドバーでサモサとチキンパイそしてチャイをテイクアウト。
香辛料辛いけどなかなかおいしい♪
DSC02120111.jpg


チェックアウトしていざ観光
(荷物を預かってもらえて助かった

ノンエアコンタクシーを拾ってインド門を目指す。DSC02138111.jpg


インドの国産車らしいが、すんごい古臭い
昔のミニクーパーを少し大きくした感じ。
車内は頭が当たるくらい低いぞ。
DSC02121111.jpg


5分ほど走って到着。

”これがインド門かぁ
DSC02122111.jpg

(歴史的な意味は別のサイトで読んでね)

でかいですDSC02126111.jpg

当たり前だがシティギターそっくりです
mumgateofindia.jpg


すぐ前にはタージマハルホテルがあります。
DSC02123111.jpg


右が新館ね
DSC02124111.jpg


門の中には入れません
DSC02125111.jpg


門を眺めていたらアイスクリーム、風船、写真撮影、みやげものなどの物売りがたくさん寄ってきます
ただイメージとしてあった”人がバーーッと群がってくるようなこと”はありませんでした

ここインドではスタンプコレクターちゃん以外にも手紙を書いてみよう。
絵葉書売りに10枚入りで100ルピーと言われて70ルピーに値切って購入。
(ホントは3枚あればよかったんだが・・・)

インド門の前は船着場になっている
ここから船で1時間行った所に世界遺産のエレファンタ島がある。
チケット売りが寄ってきたので120ルピーのチケット購入。DSC02135111.jpg


一応2階席もあるが屋根なしで暑く誰も上がりません
これだったら100ルピーのこっちで良かったかも。
DSC02127111.jpg


乗り込んだらすぐ出航。
手紙を書いたり景色を眺めていたら到着しました

船着場と検問所みたいなところまでトロッコ列車が連れてってくれます。(片道12円くらい)
もちろん徒歩でも可能だが暑いです。
DSC02128111.jpg


こっちではミネラルウォーターは買わないでおこうと思ったが香港で買ったやつは暑さであっという間になくなり20ルピーで購入。(なんか栓が開いてるのとかあるらしく普通の水道水じゃ腹壊しそう・・・)

みやげ物屋が連なる坂道を上がっていくと石窟への入り口が。
「フォト!フォト!」と、水瓶を頭に乗せた女性が記念写真をねだる。
もちろんお金をとるはずだから無視無視

石窟に入ると山を削って作った像がたくさんありました。
”こりゃぁスゴイ
DSC02132111.jpg

DSC02131111.jpg

DSC02130111.jpg

DSC02129111.jpg


島にはたくさんの生き物がいました。
DSC002006962.jpg

DSC02133111.jpg


みやげ物屋の真ん中くらいに小奇麗そうなレストランがあり、昼には少し早かったが看板に”ターリー”と書いてあったので注文する。
DSC02134111.jpg


これで144円

味は・・・kfjsadigfjsdpfjswfjpwsjfsdjfvskjvsdufpw

ラッシーも注文
DSC002006957.jpg


”やばい氷入りだ!!!”

溶ける前に一気飲み
DSC002006958.jpg

これウマかった♪

またまた船に揺られてインド門まで。
DSC02136111.jpg


観光客やらでごった返しておりました

地図で中央郵便局の場所はわかっているのだがタクシー使わないといけない。
物売りに聞いたらタージマハルホテルの裏にあるとのこと。
親切に、その奥さんが”連れてってアゲル”と。
「お金ないよ」と言ったのだが「英語が話したいだけ」だと・・・
5分ほどで到着し、無事投函。
日本にも1週間で無事に到着したから良かった♪

到着して奥さんに”バイバイ”と告げたのだがオモテで待っていた。
何待ってんの?と聞いたら「家にこない」と・・・

「うん、行く行く

なんてこと言うわけないだろ

何されたもんかわからんぞ

小銭があいにく50パイサ(ルピーの補助通貨。1ルピー=100パイサ)しかない。
渡そうとするが2円にも満たない金額に不服なのか”イラナイ”と去っていった。

再びインド門に戻るがものすごく暑い
日陰はどこもいっぱい。。。

涼みたいので歩いてプリンスオブウェールズ博物館へ(といっても大型扇風機がいくつかあるだけ)
細密画やガンダーラ美術の仏像、シヴァ神像ヴィシュヌ神像などたくさん展示してありました。
日本語オーディオガイドもあって重宝しました。(写真撮影禁止)
DSC02137111.jpg


夕暮れのインド門に戻ってみたら人がわんさか溢れていました。

”もう二度とここへは来ないだろうな・・・”

日が暮れるとみんな一斉に移動しだした。
バスもいっぱい、タクシーはつかまらない。。。

しかたなくホテルまで歩いて帰ることにする。
途中”これでもか!!”というくらいスーパーでお土産買ったが1000円くらいのものだった。

ホテルの荷物を引き上げ今回の目的であるHRCムンバイへ向うことにする。
ポーターに住所を見せタクシーの運ちゃんに尋ねてくれたが先月できたばかりだからか、HRCの場所をしらない
3台目でようやく”向かいにあるらしい”カマラ マイルス シティ スタジオまで行ける運転手がつかまった。

夜のマリーンドライブは大渋滞。
クラクションの大合唱でまったく前に進まない。
30分ほどで到着できる場所に1時間半かかってしまった
ようやくそれらしき場所に到着したがカフェの場所がわからない。
グルグル回っているとHRCのネオンロゴが小さく現れた。

”ココ

表通りからはものすごくわかりにくく素通りしてしまいそう。
パーキングの警備員からこの奥だと告げられ進んでいく。
ようやく大きなネオンが登場
DSC02140111.jpg


角を曲がるとありましたHRCムンバイDSC02156111.jpg


警備員から金属探知機でのチェックを受ける。
やっぱりテロの心配があるんだろうな。。。

通過してドアのところで入場料は250ルピー(1ドリンクチケット付き)を払う
今日はライブがあっているようだ

すぐ右手にあるマーチャンに入る。
期待はしていなかったんだがピンはこれだけ
DSC02144111.jpg


大丈夫

オイラはシティギターコレクターだから

GOやお姉ちゃんピンをご希望された方々残念でした

マロ「ピンいくら?」
店員「540ルピー(1944円)だよ」

マロ「高ぃぃぃぃ~

ヨーロッパ並み(以上)ですな。ロゴピンは少しは安いようだが・・・
こりゃトレードでたくさんGETするっきゃない

レストランの会計もマーチャンでするようでスタッフがたくさんくるがみなさんピンなんかつけていません
逆にこれが功を奏したのかピンバックを広げると食い入るように覗きこんできたDSC02141111.jpg


「おお、これ欲しい、ああ、これもそれも
いい感じですね
「店のピンとならトレードするよ」と伝えたら
「俺の分2本、私は4本」とみんな勝手に店のピンを出してきた(いいのだろうか
こちらが希望するだけのピンをGetしたが、スタッフはまだまた欲しい様子。
Tシャツの値段はピンと変わらない。
店員「とにかく店のものならハリケーングラスだろうがクマだろうが何でもOK」ということになり
Tシャツ5枚にベア3体(ちょっと荷物なんだけど・・・)DSC002006959.jpg


6人のスタッフと18本のトレードすることができました
mumelephantgate.jpg

DSC02145111.jpg


「ゴアは良いトコだぞ。行かないのかゴアゴア」
DSC02143111.jpg


あとボトルオープナーも
mumbottle.jpg


優しいマーチャンのオネエサンが「ビール飲む?タダよ♪」と、マーチャンに何度も持ってきてくれました。DSC02153111.jpg

DSC02152111.jpg


アリガトー

こちらゼネラルマネージャーのマーカーさん
DSC02146111.jpg

日本から2回メールしたんだが返事なし
でもいい人だった

ビール片手で半袖半ズボンの”ホントに一番偉いの”という感じで
マネジャーの上にプロデューサーという人がいた。
「ピン全部交換していいよ♪」だって

でももうお腹いっぱい
これ以上減るとバンコクでトレードできなくなっちゃう
しかし”こんなピンが欲しいんだろうか・・・”というのをたくさん選んでいったぞ

カフェは大盛況。テーブルだけでなくバーには立ち客がわんさか。
昼間アナタタチはどこにいたの?というくらい小奇麗なインド人や欧米人がライブで盛り上がっていた。
DSC02151111.jpg

DSC02150111.jpg

DSC02149111.jpg

DSC02148111.jpg


カフェの営業は01:30まで
日付が変わってもライブはまだまだ盛り上がっていた。
腹減ってきたので席を用意してもらう。(ずーっとマーチャンに入り浸っていた)

ムンバイスペシャルメニューも3つだけありました。
DSC02154111.jpg


だけど「量が少ないよ」ということでチーズバーガーを注文。
アンコールを繰り返したライブも終了。
そろそろ01:30。

楽しかったなぁ。
DSC02155111.jpg


悔やむのはタンドリーチキンが食べれなかったことくらい。

本来、インドに行くのであればデリーに行ったり、タージマハル観にアグラまで行ったり、ベナレスでガンジス川に浸かったりすべきなんだろうが、なにせ家族持ち、なにせ自営業。

いつかリタイヤしてマハラジャ気分で再び。。。




  1. 2006/11/07(火) 17:56:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<ありがとう黒田投手 | ホーム | GO WEST 3(ただただ移動)>>

コメント

やっぱり

自分の行ったことのない場所の話は、ワクワクするね。HRCがあってもおかしくない場所もたくさんあるけど、HRCが無ければ行かない場所もありますよね。
最近は、同じ場所に何度も行っていて、新しい場所に行かない自分に喝を入れられた気分です
  1. 2006/11/07(火) 22:56:56 |
  2. URL |
  3. まりん #4OjpEmDU
  4. [ 編集]

年末

ヨハネスブルグでワクワクしてください(笑)
  1. 2006/11/07(火) 23:07:57 |
  2. URL |
  3. ま #-
  4. [ 編集]

ヨハネスブルグは行った事ありますから!
マルガリータ島にしますか。〇ロリーさんの世界地図にのってないから、ピンは要りませんよね。
  1. 2006/11/08(水) 06:03:04 |
  2. URL |
  3. まりん #4OjpEmDU
  4. [ 編集]

マロ基地の

壁左上にちゃんと南米コーナーを設置しております♪
  1. 2006/11/08(水) 10:57:45 |
  2. URL |
  3. mallory #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mallorysquare.blog15.fc2.com/tb.php/284-86544221

mallory

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search