Mallory'S Soliloquy

CarpとSoftball時々HRCなマロリーのSoliloquy

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

GO WEST 3(ただただ移動)

うつらうつらとしただけで余り眠った感じがなく朝6時に起床。
外はまだ真っ暗
7時を過ぎビクトリアハーバーまでお散歩。
だーれもいない。

切手の自動販売機があったのでスタンプコレクターさんへオテガミ投函

”魚釣島は中国のもの”みたいな横断幕。
DSC02106.jpg


前日の新聞には香港の活動家らが島に上陸して訴えるという記事が載っていた。
スターフェリーに乗り込み香港島へ渡ってみる。
昨年は1等に乗ったが今回は2等。50セントしか変わらないが別に乗っている人が貧乏にもみえない。

ビクトリアピークまで登ってみようと思い2階建てバスじゃなくちょっとケチってミニバス(HK$8)乗り場で待つが満車通過で3台乗り過ごす
ピーク店で買うものもないし昨日同様ガスってるからやっぱり中止。

九龍半島に戻り朝飯を物色。
わりかし人が多い飯屋に入りエビワンタン麺を注文。(HK$28)
量は日本のラーメンより少なかったが、麺にコシもありワンタンもおいしかった

部屋に戻って勇気を出しシャワーを浴びる。
というのもトイレの中にシャワーがついていて浴びると便器からなにからずぶ濡れになるのだ。
こんなの初めて

インドへのフライトは14:15。
そろそろチェックアウトして空港へ行かなければ。
最後にカフェの前を通ったがセシリアの姿はなかった

エアポートエクスプレス利用者なら駅でチェックインできて便利です

さよなら香港




CX751バンコク経由ムンバイ行きに搭乗。
出発3日前にまりん君より「その便はドゥバイまで行くからバンコクで待ち合わせするときに遅れなきゃいいですね」とメールが。。。

何ぃ~

遅れを心配したわけでなく、経由便なら大して金額変わらずに最終目的地に行けたかもと少し後悔した。
実はその先ドゥバイ→バーレーンまでフライトは繋がっていた。(AAとの共同運航)
UAEは現在ビザ不要。バーレーンも空港でビザは簡単に取れるようだ。
旅行会社に追加いくらでUAEまで行けたか尋ねると35000円とのこと。
うーん微妙な金額。。。
もちろんこれ以上休むわけにいかないのと発券後だから後の祭り
それより”ヨッシャ、その先クゥエート、更にベイルートまで”と考える自分が怖い
死海にプカプカ浮いてみたい気はするが・・・

9月に開港したバンコクのスワンナープ国際空港に無事到着し機内で2時間待たされる。(タバコ吸わせろ

離陸して3時間半でムンバイへ無事到着。
(めちゃキツイ。この時点で”中東はもう結構”)

外は真っ暗しかも暑い(年間通して最低25度最高35度くらいらしい)
ムンバイ市内にはオートリクシャ(市内まで乗り入れてない)で近くのアーデリー駅まで行き列車に乗り換えるのが安い方法。
20061106130006.jpg


しかし初めて来た土地で不安
空港からプリペイドタクシー(交渉なし定額制)を利用。
エアコンタクシーで450ルピー(1620円高い
エアコンなしなら300円くらい安い。
運チャンの話では1時間くらいとのこと。

HRCムンバイはWorliという場所にあり空港と市内中心部の中間くらいの場所。
今晩はとりあえずホテルに直行して明日たっぷり行くことにする。

空港を一歩でると町は街灯も少なく暗い。
でも人はウヨウヨ動いている。牛も道路にたむろってた。
時間は夜の9時前だが車は大渋滞。
日本でいえば3車線くらいのところをラインもないからか5車線くらい作って通行している。
運転はめちゃくちゃ荒い
たぶん大阪や博多の比じゃないはず。
強引に突っ込んでいかないと入れない。
カーチェイスをするかのように進んでいく。(マジ恐い)

”この辺がWorliだよ”と運チャンが教えてくれたがそれらしき建物がありそうにない。だいいち、HRCがありそうなエリアに見えないほど町は汚い。
ハジ・アリ廟のモスクが右手に見えてきた。(夜なので昼間の借りモノ)
haji-ali--mosque.jpg


そろそろホテルがあるマリーンドライブへ差し掛かる頃だ。

今日のホテルはシーグリーンホテル
希望したホテルに予約を入れたが満室だからとその近くで紹介されたところ。
シングル1泊7500円はインドの物価からしたらものすごく高いかもしれないがサルベーションアーミーやYMCAのドミトリーに泊まる勇気はございません

はぁー、移動で今日は疲れました。
シャワーを浴び洗濯をしてエロそうでエロくないインド映画を見ていたらいつのまにか

  1. 2006/11/06(月) 13:02:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<GO WEST 4 | ホーム | もうひとつのPINAPALOOZA>>

コメント

ワンタン麺

自分も香港に行くと1日に1回は麺類を食べます。朝食はエビワンタン麺を食べる事が多いです。麺はマルタイの棒ラーメンよりも細く、固いですよね。輪ゴムを食べてるようで、麺はあまり美味しくないです。安い店だと10HK$からありますが、値段の良し悪しは、ワンタンの具の良し悪しと数に比例している感じかな。
辛いもの好きもあるけど、自分は坦々麺の方が好きです。 ボリュームがあるのは、鶏肉をごはんにのせた鶏めしかな。各店、味付けも違うし、大きく外す事もありません。
鶏肉は苦手なほうですが、好きなひとはこれもまた1日1回食べないと気が済まないらしいですね。
自分は旅行雑誌に載る店よりは、街角の何でもない店で出会う味に楽しみを感じます。まだまだ、極めるなんてことは当分先の話ですが。
  1. 2006/11/06(月) 23:20:48 |
  2. URL |
  3. まりん #-
  4. [ 編集]

そうそう

輪ゴムのような弾力がありました。
カタメン好きな九州人としてはOKです。
  1. 2006/11/07(火) 10:09:06 |
  2. URL |
  3. mallory #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mallorysquare.blog15.fc2.com/tb.php/283-a1c7a329

-

管理人の承認後に表示されます
  1. 2008/05/02(金) 14:04:34 |

mallory

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search